保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

【ワクチン接種】新型コロナウイルスワクチン/個別接種に備え保冷バッグと保冷剤のご準備を

2021年3月24日

東京都は、4月12日からはじまる都民への新型コロナウイルスワクチン接種を前に、同月5日から区市町村への配布を開始する方向で調整に入っています。23区で65歳以上人口が最も多い世田谷区、そして市で最多の八王子市が初回の配布先となるようです。住民への個別接種は、都がワクチンを配分した後、区市町村が実施していくわけですが、重症化リスクが高い65歳以上高齢者への接種が優先されて行われます。次に、高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方への接種が行われ、そして最後に、それ以外の方(一般多数)の順番がまわってきます。

接種人数が最も多い一般多数への接種は、東京オリンピック開催時期の前後、もしくは重複してくることでしょう。そうすると、外気温の高い夏場時期となることは確実で、各自治体は、環境温度が高いなか、相当数の接種を推進しなければなりません。あらかじめ、接種人数を想定していても、いざ個別接種がはじまると想定外の事案が起きる可能性は十分に考えられます。そもそも、ワクチンは、冷蔵帯(+2~+8℃)で輸送されてきたのか、冷凍帯(-16~-60℃程度)で輸送されてきたのか。もし、仮に、接種会場まで冷凍された状態で輸送されてきた場合、解凍して、冷蔵帯で保管せねばなりません。接種人数に対する資材は、イレギュラーな事態に備えて、多めに準備しておくことが得策といえるでしょう。まさに「備えあれば憂いなし」です。

現在、キラックスでは、冷蔵移送用の保冷バッグを販売していますが、冷凍移送、つまりマイナス温度帯で輸送することを想定されている自治体の方からも、多くの相談をいただいております。何℃グレード(融点)の保冷剤を準備すればよいのか、保冷剤は何ヶ(グラム)投入すべきなのか、保冷剤に関するご質問や凍結準備に関わる課題を保冷バッグ本体及びバイアルホルダーと併せて、セットでご案内させていただいております。是非とも、お気軽にお問合せください。


■保冷バッグセット (50本用) +2~+8℃管理用

※写真は参考イメージです。(バイアルは、ダミーです)

※仕様につきましては一部変更とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

※納品先/ご検討数量と併せまして、下記までご連絡ください。営業担当より、すぐに詳細ご案内させていただきます。

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

【本社】TEL:052-381-0241 / 【東京】TEL:03-5439-6334

→キラックスHP(ブログ)はこちらから

→製品カタログはこちらから

【保冷バッグ】新型コロナウイルスワクチン+2~+8℃維持/キラックス製「冷蔵移送用保冷バッグ」発売へ

2021年3月13日

欧米に遅れ、日本でもようやくワクチン接種が始まりました。政府は、1億1000万人分のワクチンを準備する予定としていますが、3月上旬時点では、まだ41万人分しか国内に入って来ていません。厚生労働省のホームページでは、接種順位を次のように案内しています。(1)医療従事者等 (2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方) (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方 (4)それ以外の方 まだ、ごく一部の限られた方しか接種できていない現況で分かる通り、本格的なワクチン接種はこれからスタートしていきます。市町村が管理する基本型接種施設、連携型接種施設及びサテライト型接種施設のほか、一部地域では巡回接種も予定されています。接種期間は来年2月末迄を予定されており、接種回数は2回。(※ファイザー社のワクチンの場合、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けるよう推奨) いつどこで自分がワクチン接種を受けられるのか、まだまだ不透明ですが、それら案内が市町村から届き、職場や学校でワクチン接種を受けたと同僚や友人と会話できる日は、そう遠くありません。

では、個別接種が始まるまでに、各自治体の新型コロナウイルスワクチン接種推進室は、どのような準備を進めているのでしょうか。接種順位に沿ったスケジュールの作成、接種会場の確保、責任医師の選定、ディープフリーザー(超低温槽)の設置、クーポン(接種券)の発行と発送手配等々・・、準備に大忙しであることは間違いありません。ただ、官民を挙げた取り組みが進むワクチン接種体制の構築で忘れてはいけないのが、ワクチンの品質管理です。接種を受ける側は、疑うこともなく、しっかり温度管理されたワクチンを接種してもらえるものと思い込んで、接種会場へやって来ます。これから気温が上がり、空調を使う機会も増えていくなか、広い接種会場は、果たしてどこまで室内の温度管理を徹底できるでしょうか。

先日、ワクチンの先行接種を実施していた医療機関では、ワクチン保管用のディープフリーザーが故障し、約1000回分が使用できなくなりました。厚労省は、その原因をフリーザー本体の故障ではなく、同じ電源コンセントに2つの機器を接続したことによる電力不足と発表しましたが、このことで分かるように、トラブルは決まって「想定の範囲外」で起きてしまうものです。短時間を想定していた移送のはずが、事故や車輌故障で、予定していた時刻に届かないことがあるかもしれません。凍結させたはずの保冷剤が冷凍庫の故障や温度設定の操作ミスで、凍結出来ていないことがあるかもしれません。はたまた、接種会場の空調機が突如利かなくなることだってあるかもしれないのです。セオリーとして、環境温度と管理温度が乖離すればするほど、管理時間が長くなればなるほど、温度管理は難しくなっていきます。厚生労働省健康局によって調達された「冷蔵移送用保冷バッグ」は、1施設にあたり4個の配布が予定されていますが、個別接種が順次始まっていくなか、配布される保冷バッグだけでは足りないと、キラックスにも全国自治体の接種推進室から相談が寄せられています。想定外のトラブル、突然のワクチン移送、夏場の温度上昇、そして接種人数(ワクチン数)を考慮して、前もって、保冷バッグを確保される自治体が増加傾向にあります。


キラックスは、オリジナルの「冷蔵移送用保冷バッグ」を開発しました。当該バッグは、気温+35℃の環境下で、14時間以上にわたり+2~+8℃を維持できるもので、各自治体のワクチン接種推進室が急ぎ体制構築を進めるなか、その一助になれると考えています。これまでの納入実績と高性能断熱ボックスの製造技術を活かし、環境温度の影響を受けにくい保冷バッグをどこよりも早く提供させていただきます。

■保冷バッグセット (50本用)

①保冷バッグ 本体・・・1ヶ (約10L程度/保冷剤ネット付き/透明カード差付き/ショルダーベルト付き)

②保冷剤・・・3ヶ (サイズ:185×233×30mm程度/+3℃グレード/1,000gタイプ/ブロー容器)

③バイアルホルダー・・・1ヶ (直径16mmバイアル瓶50本収納/ウレタン製/バッグの内底にセット)

※写真は参考イメージです。仕様につきましては一部変更とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

※納品先/ご検討数量と併せまして、下記までご連絡ください。営業担当より、すぐに詳細ご案内させていただきます。

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

【本社】TEL:052-381-0241 / 【東京】TEL:03-5439-6334

→キラックスHP(ブログ)はこちらから

→製品カタログはこちらから

【保冷カバー】営業形態を変えて凌ぐ飲食店/さらに高まるフードデリバリー需要

2021年3月10日

1都3県の緊急事態宣言解除が期限延長され、「首都圏の飲食店は、従来の営業時間に戻すか、給付金受給のため20時で営業終了するか、その間で葛藤している」とテレビが頻繁に報じているのを目にします。花見の時期にあって、春先を書き入れ時と踏んでいた飲食店も多いことでしょう。緊急事態宣言が明け、これからワクチン接種が進み、飲食店の営業時間が元に戻ったとしても、客足まで一気に戻ってくることは難しいような気がします。飲食業界の踏ん張り時は、もうしばらく続きそうです。

私達キラックスは、これまでに個人事業主様から大手飲食チェーン様まで、飲食業界に大変多くの資材を納入させていただきました。営業形態を変え、コロナ禍を乗り切ろうと努力邁進されるユーザー様にご協力できることがあれば、是非とも、お手伝いさせていただきたいと考えています。デリバリーバッグ、保冷材、テイクアウト資材、小型冷蔵庫等々、保冷ボックス周辺の資材すべてご案内が可能です。飲食業界でお困りのユーザー様、お気軽にキラックスまでお問合せください。これまでの納入実績を資材のご提案で還元します。

キラックスでは、ユーザー様が資材の見当つかなくとも、食品や食材ごと管理温度を見極め、適性ある資材を提案させていただけます。本格的に気温が上がり始める前に、保冷ボックスや保冷カバーをご検討ください。


★キラックス HPのブログはこちら

★製品カタログはこちら

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

【本社】TEL:052-381-0241/【東京営業所】TEL:03-5439-6334

【保冷ボックス】医薬品(ワクチン)輸送/熱解析シミュレーションソフトの活用

2021年2月6日

医薬品輸送には、厳格な温度管理が必須条件となります。ワクチン・検体などを輸送する際は2~8℃、血液(赤血球)の輸送は2~6℃の定温管理が基準となっていますが、外気温の変動に合わせて「保冷剤の投入重量」や「保冷ボックスの構成」を変えなければならず、メディカル分野における物流は一筋縄とは行きません。そのため、保冷ボックスにも工夫が求められてくるわけですが、外気温・管理温度・医薬品の重量(大きさ)・冷媒量・断熱材グレード・輸送時間等々、複数要件を考慮しなければならず、どのような保冷ボックスを採用すれば良いのか見当がつかないことも珍しくありません。

キラックスでは、これまでに医薬品輸送の保冷ボックスを多数納入してまいりました。真空断熱材の採用事例、長時間輸送、大型ボックスの製造等々、ユーザー様の求める運用に、弊社は保冷ボックスの開発で協力を続けています。従来は、試作品で実証実験を繰り返した後、本生産に臨んでいましたが、現在は、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、一度に複数パターンの保冷ボックスを設計し、温度シミュレーションすることで、あらかじめ保冷ボックスの設計を最適化しています。知見・経験則に熱解析ソフトを併せることで、開発のご依頼から納品までの時間短縮に成功しました。

キラックスでは、お問合せに対して、規格化された保冷ボックスと蓄冷剤を一律にご案内することはしておりません。すべてのユーザー様に対し、用途に適した「オリジナル設計の保冷ボックス」と「適温適量の蓄冷剤」をご案内させていただきます。長年にわたり培ったメーカー技術に、熱解析シミュレーションをプラスして、どこよりも早く、ご要望の保冷ボックスをお届けします。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【保冷ボックス】新型コロナウイルス/ワクチン接種に備えて

2021年2月3日

ワクチンや医薬品の輸送には厳しい温度管理が求められますが、キラックスでは、これまでに血液輸送や検体輸送を含めたメディカル分野へ多くの保冷ボックスを納入してまいりました。医薬品向け保冷輸送容器事業へ異業種からの参入が相次ぐなか、製造元メーカーであるキラックスは、独自の技術で、多様な温度設定やサイズ設計に対応してまいります。管理温度を担保することが大前提となる新型コロナウィルスのワクチン輸送においても、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、事前に温度推移のシミュレーションを実施し、より実運用を想定した保冷ボックスづくりを進めてまいります。

コールドチェーン(低温輸送網)とは温度変化に敏感な製品を守るためのテクノロジーとプロセスを指しますが、従来より、コールドチェーンは医薬品・化学品・工業原料・食品・飲料品といった輸送シーンにおいて重要な役割を担っており、今回の新型コロナウイルスのワクチン輸送においても欠かすことは出来ません。より安全にワクチンを流通させるため、管理温度を保持することは当然に求められてまいりますが、キラックスでは、過度な仕様設計になっていない「ちょうど良い」保冷ボックスの設計を目指しております。真空断熱材等の部材を低コストで用いて、運用中の温度推移をシミュレーションして、必要冷媒量を計算して、「運び方」と併せて、保冷ボックスをご案内することが出来れば、コロナワクチン輸送の一助となり得るかもしれません。保冷ボックスの開発と製作を以て、ご協力することが、私たちメーカーとしての社会的責務だと感じています。

現在、新型コロナウイルスワクチンのコールドチェーン向けで、方々ユーザー様より、お引き合いやご相談をいただいておりますが、需要次第では更なる生産増強を実施してまいります。キラックスは、速やかな設計・開発と、迅速な納期対応で、ワクチン流通に協力させていただきます。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【置き配】感染リスク軽減と配送効率改善にみる断熱ボックスの運用

2021年1月13日

緊急事態宣言による飲食店の営業時間短縮で、日頃から付き合いのあった取引先も同時に打撃を受けています。そういった取引先に、最大40万円の一時金が支給されることが12日、決まりました。(個人事業主の場合は、最大20万円)  売上が前年比50%以下に落ち込んだ取引先が、一時金支給の対象となりますが、ただでさえ苦しい状況下にあって、今回の一時金支給の要諦は、そのスピードかと思われます。迅速に給付される仕組みづくりこそが肝と言えるでしょう。

いま、飲食店が行う食材の仕入れは「非接触」での受け渡しが、ニューノーマルとなってきています。もともと、深夜から早朝にかけて、無人店舗に食材をドロップ納品していく外食チェーンは多々ありましたが、コロナ禍で、それに拍車がかかっているのではないでしょうか。1車輌でどれだけ多くの店舗へ食材を届けられるか、配送効率の向上を課題にされてきた物流会社は少なくありません。物流コストをいかに抑えられるか、これは非接触による食材納品がニューノーマルとなる今後もずっと継続していくテーマと言えます。

置き配

くわえて、捉え方の角度を変えてみれば、非接触による食材の受け渡しは「感染リスク」の軽減に繋がります。これまで非接触で食材の仕入れを行っていた飲食店も、そうでない飲食店も、これまで非接触で食材を納品していた取引先も、そうでない取引先も、食材の鮮度や温度管理を担保し、安全面を確保できれば、これをスタンダードにしない理由が見つからないはずです。

キラックスでは、これまでに「置き配」用として、多くの断熱ボックスを納品してまいりました。有難いことに大変多くの納入実績をいただいています。キラックスの強味は、用途に応じてボックスを設計できることです。これからもメーカーにしかないノウハウと経験則で、オリジナルの断熱ボックスを提供し続けます。オーバースペックの断熱ボックスが採用されても何ら意味がありません。ユーザーの納品形態や管理温度等に合致した「ちょうどいい」ボックスこそが採用されるべきなのです。

オリジナルのボックスをご検討の際は、下記までお問合せください。保冷剤必要量のシミュレーション、温度推移のシミュレーション等々、ボックス本体の設計と併せまして、担当営業より丁寧にご案内させていただきます。

 

 

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社TEL:052-381-0241/東京TEL:03-5439-6334

 

【宅配/食品輸送】オリコン用シッパーが採用される理由とは!?≪続編≫

2021年1月9日

ご注文頻度の多い50Lサイズ以外でも、30L、40L、60L、70Lと、

各オリコンサイズに応じたシッパー(内袋)に、常時対応しております。

ただ、汎用的に使用されているオリコン用シッパーは、

他ユーザーや他用途(配送ルート)のものと混同されてしまいがちです。

そこで、これまでの納入事例を振り返り、多様にあるシッパーの特徴をご紹介させていただきます。


~所在不明、紛失、回収忘れと無くしてしまいがちなユーザー様向けに~

・シッパーを安価に仕上げることで、紛失時のリスクを軽減します

・必要最低限まで仕様を簡略化し、製品価格を抑えます

・印刷、またはシールにて名入れを行い、自社の備品であることを表記します

  


~物流の最前線にある課題は、オプション加工で解決します!~

・縁取りテープの色を変えることで、色で識別できるよう工夫します

・伝票ポケット(カード挿し)をつけることで、配送先を明確化します

・ハーフサイズにして、オリコン内を二分化させます

・生地補強をして、シッパーの強度をアップさせます (損耗対策を施します)

・折り畳みやすさを考慮して、あらかじめミシン目を入れておきます

  

   


お問合せは、下記まで。
本社/TEL:052-381-0241
東京/TEL:03-5439-6334

【宅配/食品輸送】オリコン用シッパーが採用される理由とは!?

2021年1月8日

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、昨日、1都3県に対し、2回目の緊急事態宣言が発出されました。

これで、また当面は、制限のかかった生活を送ることになりますが、

昨年3~5月頃に覚えた緊張感は、時間の経過とともに薄れてしまった感が否めません。

ただ、G7の諸国と比べれば、日本に押し寄せている感染の波は、まだ、さざ波くらいと言えなくもありません。

ここで、もう一度、国民全員で我慢して、感染拡大を止めることで、あの日常を取り戻したいものです。


今回は、コロナ禍にあって、スーパーの宅配サービス用、食品の止め置き配送用といった用途で、

採用いただく機会が増えた「オリコン用シッパー」について、紹介させていただきます。

嵌合性良く、配送もしやすい、折りたたみコンテナ。通称、オリコン。

オリコンの内側にシッパーを装着することで生まれるメリットとは何か、

弊社に寄せられたお客様の声を挙げてみます。

  

~オリコン用シッパーを装着することで生まれるメリットとは!?~

・アルミ蒸着生地と発泡ポリエチレンマットの組み合わせにより、

優れた保冷・保温効果が期待できます。また、緩衝材としても、ご使用いただけます。

・未使用時には、折り畳むことで1/4サイズまで小さくすることが出来ます。

折り畳める仕様にしたことで、省スペース化を実現しています。

・天フタの開閉には、マジックテープを採用しています。

簡単に開閉できることで、作業効率のアップが期待できます。

・オリコンにシッパーを装着することで、断熱性能が向上します。

食品輸送の安全を図るだけでなく、配達先(顧客)の安心感もアップします。


では、次に、さらに保冷効果・保温効果を伸ばすには、

シッパーを装着した後、プラスアルファで何をすれば良いのか、基本的なセオリーを挙げてみます。

~さらに保冷性能・保温性能を向上させるためには何をすれば良い!?~

・保冷剤を投入する

・保温剤を投入する

・食品(食材)をしっかり予冷する、もしくは温めておく

  


お問合せは、下記まで。
本社/TEL:052-381-0241、東京/TEL:03-5439-6334

【新型コロナ】忘年会シーズンに第3波襲来、再び時短要請へ

2020年12月2日

■コロナ対策は都道府県の数だけ47通り、自分の居住する地域の決定に注視する

GoToトラベルキャンペーンで人の行き来が活発になり、

GoToイートキャンペーンで飲食店の客足も戻り始めていた矢先、

新型コロナウイルス第3波の襲来により、感染は急速に拡大した。

夕方のニュースでは、日々、当日の感染者数が速報として報じられるが、正直、春先ほどの緊張感はない。

感染対策の注意喚起は、あちこちで目にするし耳にするが、一時に比べ、行動範囲は制限されていないし、

「♯STAYHOME」のハッシュタグがついた有名人のインスタ投稿も、ずいぶんと減った印象だ。

言ってしまえば、コロナとの共存に慣れ始めているような気がしてならない。

感染対策やマスク生活に慣れることは良くても、例年のような大声で盛り上がる懇親会は回避すべきであって、

忘年会時期にあって3密になる行動は避けなければならない。

各人が感染拡大の意識を持ち行動することで、ワクチン配布までの期間を出来るだけ穏やかに過ごしたい。


テレビのニュースでは、自治体の首長が再び飲食店に営業時間短縮を要請する様を、ここ数日、頻繁に報じている。

そこで、新規感染者数の多い都道府県の動きを一部ご紹介。

≪北海道≫

すすきの地区の接待を伴う飲食店と酒類提供を行う飲食店に営業時間を午後10時までに短縮するよう要請。

居酒屋、ラーメン店、カラオケ店などには、酒類の提供を午後10時までとするよう要請。

要請に応じた事業者には、1事業者あたり20万円を支給した。(要請期間は11月7日~11月27日)

≪千葉県≫

県北西部の11市内の飲食店などを対象に、酒類提供は午後10時までと要請。

要請期間は12月2日~22日まで。県が酒類提供の制限を要請するのは6月以来。

営業時間の短縮は要請しないため、協力金は支給しない。

対象地域は、市川、浦安、習志野、八千代、鎌ケ谷、船橋、柏、野田、松戸、流山、我孫子の11市。

≪東京都≫

飲食店などに営業時間を午後10時までに短縮するよう要請。

期間は11月28日~12月18日まで。対象地域は23区と多摩地域。

要請に応じた事業者には協力金40万円を支給する方針。

≪大阪市≫

北区と中央区の接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店に営業時間を午後9時までに短縮するよう要請。

期間は11月27日~12月11日まで。要請に応じた場合は、1事業者あたり最大50万円の協力金を支給。

一方、ガイドラインを遵守していない店舗に対しては休業を要請する予定。

≪愛知県≫

県で独自に定めた警戒レベルを上から2番目の「厳重警戒」へ引き上げ。

この状況のまま感染者が増えていくようなら、飲食店などに営業時間の短縮を要請することも想定。


営業時間短縮で協力金を受給したところで、飲食店の懐事情は厳しいでしょうし、

師走の書き入れ時にあって、ここに来ての営業時間短縮は正直きついと思われます。

 

キラックスでは、デリバリー用リュックをバージョンアップさせ、

店頭販売用の断熱ボックスにひと工夫もふた工夫も加えて、全国へ納品しております。

店内飲食以外で、営業の方法を模索されている事業者の方いらっしゃいましたら、

是非とも、お気軽にご相談ください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

コロナワクチン配布を助ける医療物流の一助になる。

2020年11月26日

■新型コロナワクチンの配布助けるためにキラックスが出来ることは何か。

米ファイザー社などが開発する新型コロナウィルスワクチンは、

治験において、9割を超える確率で感染を防いだと報道された。

昨年までのような日常を少しでも早く取り戻したいと願うのは、全世界共通の思いだ。

誰しもが、ワクチンの接種で感染の終息に期待するところだが、

幅広く万遍なくワクチンを流通させるのは至難の業で、実際問題、容易ではない。

遺伝子技術を用いた米ファイザー社のワクチンは、

マイナス70℃程度の超低温で保管することが必須だと謳われており、

また、解凍してから5日以内に人体へ投与されなければ効果は消失するという。

  

いま、超低温槽を取り扱う冷蔵機器メーカーや、航空貨物を扱う物流会社に注目が集まっているが、

ワクチンを投与する医療機関へ届けるまで、完全無欠のコールドチェーンを構築できるかといえば、

この短期間でどこまで出来るのか、その心配は消えない。

ワクチン輸送という、言ってみれば「スポット事案」に対し、民間企業はどこまで費用をかけられるのか。

需要は不変だが、多額の投資をしても、果たしてそれを回収できるのか、公算がつかない企業は多い。

  

航空貨物の荷下ろし、横持ち、超低温槽からの持ち出し、医療機関への輸送・・・

冷凍環境じゃない無電源状態にワクチンが晒される場面は必ず出てくるわけで、

高性能断熱ボックスの需要も絶対的なものとなってくるだろう。

  

キラックスに出来ることは、日本赤十字社(血液センター)、臨床検査会社、国内製薬会社等へ

納入してきた製品実績を活かし、いかに高性能断熱ボックスを低コストに抑えて提供していけるか。

この一択で間違いはない。

   

ワクチン配布のための医療物流の一助になりたいと、なれると考え、

この投稿をアップさせていただきました。お問合せは、下記まで。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社/TEL:052-381-0241

東京(営)/TEL:03-5439-6334