保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

テイクアウト等、店内飲食以外の収益源に活路

2020年9月25日

■VSコロナ時代の「飲食業界ニューノーマル」、テイクアウトをはじめとした飲食業界の進化と辛抱

一時期よりも客足は戻りつつありますが、営業時間短縮や稼働席の縮小に伴い、

店内飲食のみの経営は、9割以上が前年同期比で売上が減少しています。

甚大なダメージにより、限界が浮き彫りになっている飲食店も多く、

店舗閉鎖に追いやられてしまった例も少なくありません。

店内飲食のみでは売上が期待できず、新たに「テイクアウト」サービスを開始された飲食店も数多。

その7割近くが、「テイクアウト」の継続を予定されているとネットニュースで知りました。


店内の厨房で調理した料理をテイクアウトやデリバリーで販売する場合、

飲食店営業許可の範囲内となるため、基本的に新たな手続きは必要ありません。

しかし、ソーセージやハムのような加工食品を単体でテイクアウト販売する場合は、

飲食店営業許可とは別の区分になるため、別途手続きが必要になる場合もあるようです。

(※店頭販売用 断熱ボックスの納入事例/ボックス中が覗けるアクリル窓付き仕様になっています)

 

また、移動車や屋台を使って厨房とは別の場所で販売する際には、

許可申請が必要となる場合があるので注意が必要です。

細かいルールや条件は、自治体によって変わってきます。

保健所や福祉保健局へ一度ご相談されることをお勧めします。

(※キラックスでは、東京都福祉保健局から認証を受けた路上販売用の断熱ボックスを販売しています)

 

コロナ共存の時代が続いても、消費者の食に対する「欲」が減退することはありません。

デリバリー、宅配、テイクアウト、店頭販売、路上販売、行商・・・

キラックスは、温度管理の側面から飲食業界を支え続けます。

資材にお困りのユーザー様、テイクアウト資材に課題を抱えられているユーザー様、

是非とも、お気軽にご相談ください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

名古屋本社:052-381-0241/東京営業所:03-5439-6334

 

非接触宅配サービスがもたらすメリット

2020年9月1日

■「不在時の利便性」だけじゃない「非接触の利便性」の側面からサービスも多様化

コロナウイルスの感染拡大を受けて宅配ボックスの需要が高まってきていますが、

実際に、宅配ボックスを製造するメーカーは、供給状況について、

『非対面による荷物の受け渡しを行うことができる製品の特性上、現在たいへん多くの問い合わせと注文』

を受けているとし、需要が増えていることを示しています。

キャッシュレス決済を利用すれば、出前などのデリバリー注文も宅配ボックスで受け取ることが出来ますし、

非接触配送で、コロナウィルスの感染防止対策にもなります。

これまで宅配ボックスは、主に『不在時の荷物の受け取りに便利である』とアナウンスされてきましたが、

誰がウイルスを持っていて、どこから感染するか分からない状況下では、

不特定多数の人との接触を防ぐためには、宅配ボックスは非常にに有効的であると言えるでしょう。

巣ごもり消費の追い風を受け、スーパー各社はインターネット利用客の囲い込みへ対応を強化しています。

ネットスーパーの拡大に比例するように、これから消費者向けのサービスも多様化していく一方と推察されます。

食材/食品の配送や、食事のデリバリーに、保冷対策/断熱対策をご検討のユーザー様は、

是非、お気軽にキラックスまでご相談ください。

   

  

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業(名古屋) TEL:052-381-0241 / 東京営業 TEL:03-5439-6334

 

 

「テイクアウト」×「真夏」×「食中毒」

2020年8月11日

■適正な温度でテイクアウトメニューを持ち帰る

昨今のコロナウィルスの影響で外食を控える人が増え、

代わりにテイクアウトの需要がこれまで以上に高まっています。

テイクアウト人気を加速させているのには、次のような要因が考えられます。

・飲食店の店内での食事を避けたい

・軽減税率の導入により、持ち帰りは消費税8%で購入できる

・テイクアウトサービス/メニューの拡大

・長蛇の列に並ぶ必要がない

・キャッシュレス対応で、スマート会計、etc・・・

座席数が少ない人気店でも、並ぶ必要はありませんし、

外食でしか口にできなかったお店の味を自宅へ持ち帰ることで、

家族全員で食事を楽しむことが出来るようになってきています。

また、小さな子供や、高齢者がいる家庭では、外出の必要がなくなり、喜ばれていることでしょう。

自家用車に1台、業務用の断熱ボックスを積んでいれば、

いつテイクアウトメニューを購入しても、安心して、自宅まで持ち帰ることが出来ます。

  

消費者向けに保冷資材の販売を検討されている会社様、

外食チェーン様、飲食店様、一般の消費者様、1ヶからでも特注品承ります。

お気軽にキラックスまでご相談ください。

 

株式会社キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社営業:052-381-0241

東京営業:03-5439-6334

食品配送の「感染リスク低減」を考える。

2020年7月29日

■人が介在する食品の受け渡しに潜む「感染リスク」を資材の運用で回避する

外食チェーンをはじめとする飲食店、コンビニ、スーパーといった業界において、

配送効率や交通状況を考慮した深夜帯の食品配送は、いまや、当たり前の納品方法と化しています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今後は、より一層、

「無人店舗への配送」や「留め置き納品」が求められることになるでしょう。

これから過ごす「withコロナ時代」、ドライバーと受け入れ側の接触回避は、当然のように求められてきます。

ドライバーや店舗スタッフが、ウイルスに感染していないか、ウイルス抗体を持っているかで、

これからの安心・安全の基準は変わっていくことになり、そこにユーザーは価値を求めます。

ウイルスが増殖しにくい環境を期待することは、当然の成り行きと言えるでしょう。

 

 

無人店舗への配送、飲食店の留め置き納品、営業時間外の食品保管といった用途に合わせ、

弊社は、これまでに多くの断熱ボックスを納品してまいりました。

配送方法、納品形態に合わせた断熱ボックスは、製造元メーカーである弊社へ是非ご相談ください。

最小1ヶからでも、ご協力させていただきます。お気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社:052-381-0241

東京営業所:03-5439-6334

 

withコロナで拡がる「非接触型納品」

2020年7月7日

■「置き納品」がもたらす効果は、コロナ感染拡大防止+α (アルファ)

緊急事態宣言の解除後、僅かではありますが、一時の勢いは静まりかけたように感じていました。

ですが、ここにきて、コロナ感染者数は、また連日100人を超えています。

しばらくは、物流業界も、コロナ感染拡大に配慮した体系の構築が望まれることになりそうです。

従来から、オリコンを使った「置き納品」で荷受けされるユーザー様は多くいらっしゃいましたが、

コロナ感染拡大防止の観点から、「非接触型納品」を推奨されるユーザー様が増加傾向にあります。

「置き納品」に代表される、この「非接触型納品」がもたらす効果は、

コロナ感染拡大防止に限定される一義的なものではなく、荷受け業務の効率化にも繋がっています。

  

  

キラックスでは、50Lオリコン用内袋(規格品)を在庫準備しているほか、

需要が増えつつある30Lオリコン用内袋のご注文も承っております。(※上記写真は30Lオリコン用内袋)

折り畳みやすさ、色での識別、ご予算・・・ご要望にお応えしながら製品化できることは、

メーカーの強味と自負しております。どうぞお気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業:052-381-0241

東京営業:03-5439-6334

「コロナとの共存」にみる食中毒リスク

2020年6月26日

■「with コロナ」で迎える夏、宅配と持ち帰りに潜む食中毒の危険性

新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、飲食店における持ち帰り(テイクアウト)や、

宅配(デリバリー)による営業がますます増加傾向にあります。

しばらくは、コロナウイルスと共存しながらの生活が続くことになりますが、

これからの季節、気温の上昇や湿度の上昇により食中毒のリスクが高まるとして、

飲食店における一般衛星管理の徹底、消費者に対する注意喚起を厚生労働省は求めています。

  

  

キラックスは、製造元メーカーである強みを活かし、

ユーザー様の要望に製品設計でお応えしております。

プロが製造するプロの断熱ボックス、ご興味あるユーザー様は、

是非ともお気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス/ロジスティックスサポート事業部-

本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

フジタクシー様へデリバリー用ボックスを寄贈

2020年6月5日

■デリバリーサービス「フジデリ」開始、地元飲食店をサポート

フジタクシー様(名古屋市西区)は、タクシーを使って食料品や荷物などの配送を行う特別措置に基づく許可を

愛知県下のタクシー会社で初めて取得され、デリバリーサービス「フジデリ」を開始されています。

同じ名古屋に本社をおくキラックス(名古屋市港区)は、このサービス開始を受け、

地元飲食店をサポートされる姿勢に賛同し、デリバリー用ボックスを寄贈させていただきました。

 

プロ野球は3ヶ月遅れで開幕しますが、毎年恒例のイベントも開催中止が相次いで決まっております。

以前のように、外で食事するにも、まだ二の足を踏んでしまいます。

もうしばらくは、心配がつきまとうことでしょう。

 

キラックスは、平穏無事な元の生活が1日でも早く戻ることを祈念するとともに、

フードデリバリーのより一層の普及と、食の保全をお手伝いしてまいります。

 

(株)キラックス

ロジスティックスサポート事業部

デリバリーという生活スタイルの維持

2020年6月3日

■「コロナ第二波」防止策を考慮した生活スタイル=宅配・デリバリーの利用機会増

緊急事態宣言解除後も、ウイルスの脅威はおさまっておらず、

当分はテイクアウトやデリバリー、移動販売などを利用する機会は増えることが予想されています。

諸外国に比べ、日本は比較的感染を抑えられたという見解も一部で報道されていましたが、

過去のパンデミックを鑑みても、高い確率での「第二波」や「第三波」が予想されます。

ゆえに、「コロナ第二波」防止策を十分に考慮した生活スタイルの継続が必要と言えます。

  

デリバリーや移動販売を始める中小飲食業者に向けて、東京都では、助成金給付の応援策も講じられています。

保冷/保温の資材購入も初期経費として助成金の対象になるようです。(※詳しくは東京都HPをご確認ください)

キラックスでは、いま、デリバリー/持ち帰り/移動販売といったサービスを提供するユーザー様から、

多くのご相談をいただいております。個人ユーザー様から外食チェーン様への納入事例をもとに、

都度、ご相談させていただけますので、是非とも、お気軽にお問合せください。

   

 

株式会社キラックス / ロジスティックスサポート事業部

名古屋本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

 

 

「Go Toキャンペーン」宅配・持ち帰りも助成対象

2020年5月26日

■食事の宅配や持ち帰りなどのサービスも「Go To キャンペーン」助成対象

人の接触が少ない宅配や持ち帰りといったサービスも、

「Go Toキャンペーン」の一環となり、助成対象となります。

ファミレスをはじめとした外食産業では、これまで以上に、

宅配や持ち帰り用の保冷資材を必要とされる場面が増えてくるかもしれません。

消費回復と感染「第2波」抑制の両面を考慮すれば、

まだまだ宅配と持ち帰りは増加傾向です。

 

資材のご相談は、キラックスまで。

是非とも、お気軽にお問合せください。

 

≪お問合先≫

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業 TEL:052-381-0241

東京営業 TEL:03-5439-6334

タクシー宅配代行にシッパー需要

2020年5月12日

■タクシー宅配代行に伴い、ネオシッパー需要も増大

新型コロナウィルスの感染拡大でタクシー会社が、飲食店の宅配代行を相次いで始めています。

国の特例措置と期間延長を活用し、巣ごもり中の宅配需要を取り込むだけでなく、

配達手段を持たない飲食店の支援にも繋がっているサービスです。

こうしたサービスが拡がりを見せるなか、弊社にはネオシッパーの問合せが増えています。

規格品のネオシッパーは、常時在庫を保有していますので、すぐの出荷対応も可能です。

デリバリー資材をお探しのユーザー様は、是非ともお気軽にお問合せください。

 

※(左から) ネオシッパーK型、ネオシッパーL型

 

≪お問合先≫

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業 TEL:052-381-0241

東京営業 TEL:03-5439-6334