保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

テイクアウト等、店内飲食以外の収益源に活路

2020年9月25日

■VSコロナ時代の「飲食業界ニューノーマル」、テイクアウトをはじめとした飲食業界の進化と辛抱

一時期よりも客足は戻りつつありますが、営業時間短縮や稼働席の縮小に伴い、

店内飲食のみの経営は、9割以上が前年同期比で売上が減少しています。

甚大なダメージにより、限界が浮き彫りになっている飲食店も多く、

店舗閉鎖に追いやられてしまった例も少なくありません。

店内飲食のみでは売上が期待できず、新たに「テイクアウト」サービスを開始された飲食店も数多。

その7割近くが、「テイクアウト」の継続を予定されているとネットニュースで知りました。


店内の厨房で調理した料理をテイクアウトやデリバリーで販売する場合、

飲食店営業許可の範囲内となるため、基本的に新たな手続きは必要ありません。

しかし、ソーセージやハムのような加工食品を単体でテイクアウト販売する場合は、

飲食店営業許可とは別の区分になるため、別途手続きが必要になる場合もあるようです。

(※店頭販売用 断熱ボックスの納入事例/ボックス中が覗けるアクリル窓付き仕様になっています)

 

また、移動車や屋台を使って厨房とは別の場所で販売する際には、

許可申請が必要となる場合があるので注意が必要です。

細かいルールや条件は、自治体によって変わってきます。

保健所や福祉保健局へ一度ご相談されることをお勧めします。

(※キラックスでは、東京都福祉保健局から認証を受けた路上販売用の断熱ボックスを販売しています)

 

コロナ共存の時代が続いても、消費者の食に対する「欲」が減退することはありません。

デリバリー、宅配、テイクアウト、店頭販売、路上販売、行商・・・

キラックスは、温度管理の側面から飲食業界を支え続けます。

資材にお困りのユーザー様、テイクアウト資材に課題を抱えられているユーザー様、

是非とも、お気軽にご相談ください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

名古屋本社:052-381-0241/東京営業所:03-5439-6334

 

タグ: , , , ,