保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

コロナ禍

「テイクアウト」×「真夏」×「食中毒」

2020年8月11日 火曜日

■適正な温度でテイクアウトメニューを持ち帰る

昨今のコロナウィルスの影響で外食を控える人が増え、

代わりにテイクアウトの需要がこれまで以上に高まっています。

テイクアウト人気を加速させているのには、次のような要因が考えられます。

・飲食店の店内での食事を避けたい

・軽減税率の導入により、持ち帰りは消費税8%で購入できる

・テイクアウトサービス/メニューの拡大

・長蛇の列に並ぶ必要がない

・キャッシュレス対応で、スマート会計、etc・・・

座席数が少ない人気店でも、並ぶ必要はありませんし、

外食でしか口にできなかったお店の味を自宅へ持ち帰ることで、

家族全員で食事を楽しむことが出来るようになってきています。

また、小さな子供や、高齢者がいる家庭では、外出の必要がなくなり、喜ばれていることでしょう。

自家用車に1台、業務用の断熱ボックスを積んでいれば、

いつテイクアウトメニューを購入しても、安心して、自宅まで持ち帰ることが出来ます。

  

消費者向けに保冷資材の販売を検討されている会社様、

外食チェーン様、飲食店様、一般の消費者様、1ヶからでも特注品承ります。

お気軽にキラックスまでご相談ください。

 

株式会社キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社営業:052-381-0241

東京営業:03-5439-6334

「コロナとの共存」にみる食中毒リスク

2020年6月26日 金曜日

■「with コロナ」で迎える夏、宅配と持ち帰りに潜む食中毒の危険性

新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、飲食店における持ち帰り(テイクアウト)や、

宅配(デリバリー)による営業がますます増加傾向にあります。

しばらくは、コロナウイルスと共存しながらの生活が続くことになりますが、

これからの季節、気温の上昇や湿度の上昇により食中毒のリスクが高まるとして、

飲食店における一般衛星管理の徹底、消費者に対する注意喚起を厚生労働省は求めています。

  

  

キラックスは、製造元メーカーである強みを活かし、

ユーザー様の要望に製品設計でお応えしております。

プロが製造するプロの断熱ボックス、ご興味あるユーザー様は、

是非ともお気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス/ロジスティックスサポート事業部-

本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

デリバリーという生活スタイルの維持

2020年6月3日 水曜日

■「コロナ第二波」防止策を考慮した生活スタイル=宅配・デリバリーの利用機会増

緊急事態宣言解除後も、ウイルスの脅威はおさまっておらず、

当分はテイクアウトやデリバリー、移動販売などを利用する機会は増えることが予想されています。

諸外国に比べ、日本は比較的感染を抑えられたという見解も一部で報道されていましたが、

過去のパンデミックを鑑みても、高い確率での「第二波」や「第三波」が予想されます。

ゆえに、「コロナ第二波」防止策を十分に考慮した生活スタイルの継続が必要と言えます。

  

デリバリーや移動販売を始める中小飲食業者に向けて、東京都では、助成金給付の応援策も講じられています。

保冷/保温の資材購入も初期経費として助成金の対象になるようです。(※詳しくは東京都HPをご確認ください)

キラックスでは、いま、デリバリー/持ち帰り/移動販売といったサービスを提供するユーザー様から、

多くのご相談をいただいております。個人ユーザー様から外食チェーン様への納入事例をもとに、

都度、ご相談させていただけますので、是非とも、お気軽にお問合せください。

   

 

株式会社キラックス / ロジスティックスサポート事業部

名古屋本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334