保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

保冷ボックス

【保冷カバー】営業形態を変えて凌ぐ飲食店/さらに高まるフードデリバリー需要

2021年3月10日 水曜日

1都3県の緊急事態宣言解除が期限延長され、「首都圏の飲食店は、従来の営業時間に戻すか、給付金受給のため20時で営業終了するか、その間で葛藤している」とテレビが頻繁に報じているのを目にします。花見の時期にあって、春先を書き入れ時と踏んでいた飲食店も多いことでしょう。緊急事態宣言が明け、これからワクチン接種が進み、飲食店の営業時間が元に戻ったとしても、客足まで一気に戻ってくることは難しいような気がします。飲食業界の踏ん張り時は、もうしばらく続きそうです。

私達キラックスは、これまでに個人事業主様から大手飲食チェーン様まで、飲食業界に大変多くの資材を納入させていただきました。営業形態を変え、コロナ禍を乗り切ろうと努力邁進されるユーザー様にご協力できることがあれば、是非とも、お手伝いさせていただきたいと考えています。デリバリーバッグ、保冷材、テイクアウト資材、小型冷蔵庫等々、保冷ボックス周辺の資材すべてご案内が可能です。飲食業界でお困りのユーザー様、お気軽にキラックスまでお問合せください。これまでの納入実績を資材のご提案で還元します。

キラックスでは、ユーザー様が資材の見当つかなくとも、食品や食材ごと管理温度を見極め、適性ある資材を提案させていただけます。本格的に気温が上がり始める前に、保冷ボックスや保冷カバーをご検討ください。


★キラックス HPのブログはこちら

★製品カタログはこちら

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

【本社】TEL:052-381-0241/【東京営業所】TEL:03-5439-6334

【保冷ボックス】医薬品(ワクチン)輸送/熱解析シミュレーションソフトの活用

2021年2月6日 土曜日

医薬品輸送には、厳格な温度管理が必須条件となります。ワクチン・検体などを輸送する際は2~8℃、血液(赤血球)の輸送は2~6℃の定温管理が基準となっていますが、外気温の変動に合わせて「保冷剤の投入重量」や「保冷ボックスの構成」を変えなければならず、メディカル分野における物流は一筋縄とは行きません。そのため、保冷ボックスにも工夫が求められてくるわけですが、外気温・管理温度・医薬品の重量(大きさ)・冷媒量・断熱材グレード・輸送時間等々、複数要件を考慮しなければならず、どのような保冷ボックスを採用すれば良いのか見当がつかないことも珍しくありません。

キラックスでは、これまでに医薬品輸送の保冷ボックスを多数納入してまいりました。真空断熱材の採用事例、長時間輸送、大型ボックスの製造等々、ユーザー様の求める運用に、弊社は保冷ボックスの開発で協力を続けています。従来は、試作品で実証実験を繰り返した後、本生産に臨んでいましたが、現在は、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、一度に複数パターンの保冷ボックスを設計し、温度シミュレーションすることで、あらかじめ保冷ボックスの設計を最適化しています。知見・経験則に熱解析ソフトを併せることで、開発のご依頼から納品までの時間短縮に成功しました。

キラックスでは、お問合せに対して、規格化された保冷ボックスと蓄冷剤を一律にご案内することはしておりません。すべてのユーザー様に対し、用途に適した「オリジナル設計の保冷ボックス」と「適温適量の蓄冷剤」をご案内させていただきます。長年にわたり培ったメーカー技術に、熱解析シミュレーションをプラスして、どこよりも早く、ご要望の保冷ボックスをお届けします。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【保冷ボックス】新型コロナウイルス/ワクチン接種に備えて

2021年2月3日 水曜日

ワクチンや医薬品の輸送には厳しい温度管理が求められますが、キラックスでは、これまでに血液輸送や検体輸送を含めたメディカル分野へ多くの保冷ボックスを納入してまいりました。医薬品向け保冷輸送容器事業へ異業種からの参入が相次ぐなか、製造元メーカーであるキラックスは、独自の技術で、多様な温度設定やサイズ設計に対応してまいります。管理温度を担保することが大前提となる新型コロナウィルスのワクチン輸送においても、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、事前に温度推移のシミュレーションを実施し、より実運用を想定した保冷ボックスづくりを進めてまいります。

コールドチェーン(低温輸送網)とは温度変化に敏感な製品を守るためのテクノロジーとプロセスを指しますが、従来より、コールドチェーンは医薬品・化学品・工業原料・食品・飲料品といった輸送シーンにおいて重要な役割を担っており、今回の新型コロナウイルスのワクチン輸送においても欠かすことは出来ません。より安全にワクチンを流通させるため、管理温度を保持することは当然に求められてまいりますが、キラックスでは、過度な仕様設計になっていない「ちょうど良い」保冷ボックスの設計を目指しております。真空断熱材等の部材を低コストで用いて、運用中の温度推移をシミュレーションして、必要冷媒量を計算して、「運び方」と併せて、保冷ボックスをご案内することが出来れば、コロナワクチン輸送の一助となり得るかもしれません。保冷ボックスの開発と製作を以て、ご協力することが、私たちメーカーとしての社会的責務だと感じています。

現在、新型コロナウイルスワクチンのコールドチェーン向けで、方々ユーザー様より、お引き合いやご相談をいただいておりますが、需要次第では更なる生産増強を実施してまいります。キラックスは、速やかな設計・開発と、迅速な納期対応で、ワクチン流通に協力させていただきます。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【置き配】感染リスク軽減と配送効率改善にみる断熱ボックスの運用

2021年1月13日 水曜日

緊急事態宣言による飲食店の営業時間短縮で、日頃から付き合いのあった取引先も同時に打撃を受けています。そういった取引先に、最大40万円の一時金が支給されることが12日、決まりました。(個人事業主の場合は、最大20万円)  売上が前年比50%以下に落ち込んだ取引先が、一時金支給の対象となりますが、ただでさえ苦しい状況下にあって、今回の一時金支給の要諦は、そのスピードかと思われます。迅速に給付される仕組みづくりこそが肝と言えるでしょう。

いま、飲食店が行う食材の仕入れは「非接触」での受け渡しが、ニューノーマルとなってきています。もともと、深夜から早朝にかけて、無人店舗に食材をドロップ納品していく外食チェーンは多々ありましたが、コロナ禍で、それに拍車がかかっているのではないでしょうか。1車輌でどれだけ多くの店舗へ食材を届けられるか、配送効率の向上を課題にされてきた物流会社は少なくありません。物流コストをいかに抑えられるか、これは非接触による食材納品がニューノーマルとなる今後もずっと継続していくテーマと言えます。

置き配

くわえて、捉え方の角度を変えてみれば、非接触による食材の受け渡しは「感染リスク」の軽減に繋がります。これまで非接触で食材の仕入れを行っていた飲食店も、そうでない飲食店も、これまで非接触で食材を納品していた取引先も、そうでない取引先も、食材の鮮度や温度管理を担保し、安全面を確保できれば、これをスタンダードにしない理由が見つからないはずです。

キラックスでは、これまでに「置き配」用として、多くの断熱ボックスを納品してまいりました。有難いことに大変多くの納入実績をいただいています。キラックスの強味は、用途に応じてボックスを設計できることです。これからもメーカーにしかないノウハウと経験則で、オリジナルの断熱ボックスを提供し続けます。オーバースペックの断熱ボックスが採用されても何ら意味がありません。ユーザーの納品形態や管理温度等に合致した「ちょうどいい」ボックスこそが採用されるべきなのです。

オリジナルのボックスをご検討の際は、下記までお問合せください。保冷剤必要量のシミュレーション、温度推移のシミュレーション等々、ボックス本体の設計と併せまして、担当営業より丁寧にご案内させていただきます。

 

 

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社TEL:052-381-0241/東京TEL:03-5439-6334

 

「コロナとの共存」にみる食中毒リスク

2020年6月26日 金曜日

■「with コロナ」で迎える夏、宅配と持ち帰りに潜む食中毒の危険性

新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、飲食店における持ち帰り(テイクアウト)や、

宅配(デリバリー)による営業がますます増加傾向にあります。

しばらくは、コロナウイルスと共存しながらの生活が続くことになりますが、

これからの季節、気温の上昇や湿度の上昇により食中毒のリスクが高まるとして、

飲食店における一般衛星管理の徹底、消費者に対する注意喚起を厚生労働省は求めています。

  

  

キラックスは、製造元メーカーである強みを活かし、

ユーザー様の要望に製品設計でお応えしております。

プロが製造するプロの断熱ボックス、ご興味あるユーザー様は、

是非ともお気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス/ロジスティックスサポート事業部-

本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

フジタクシー様へデリバリー用ボックスを寄贈

2020年6月5日 金曜日

■デリバリーサービス「フジデリ」開始、地元飲食店をサポート

フジタクシー様(名古屋市西区)は、タクシーを使って食料品や荷物などの配送を行う特別措置に基づく許可を

愛知県下のタクシー会社で初めて取得され、デリバリーサービス「フジデリ」を開始されています。

同じ名古屋に本社をおくキラックス(名古屋市港区)は、このサービス開始を受け、

地元飲食店をサポートされる姿勢に賛同し、デリバリー用ボックスを寄贈させていただきました。

 

プロ野球は3ヶ月遅れで開幕しますが、毎年恒例のイベントも開催中止が相次いで決まっております。

以前のように、外で食事するにも、まだ二の足を踏んでしまいます。

もうしばらくは、心配がつきまとうことでしょう。

 

キラックスは、平穏無事な元の生活が1日でも早く戻ることを祈念するとともに、

フードデリバリーのより一層の普及と、食の保全をお手伝いしてまいります。

 

(株)キラックス

ロジスティックスサポート事業部

2020年、本年もよろしくお願い致します

2020年1月7日 火曜日

旧年中は、格別の御厚情を賜り、誠に有難うございました。

本年も、ネオシッパーとネオシールドを中心とした資材で、

物流の最前線にある課題解決の一助を担えるよう邁進してまりいます。

皆様にとって、本年がより良い一年となりますよう、祈念します。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

医療向け断熱ボックス、オーダー対応受付中です!

2019年12月10日 火曜日

■メディカル向けネオシールド、特注対応、承ります!!

温度管理が特に厳しい医療向けの断熱ボックスも、キラックスでは納入実績が数多ございます。

保冷・保温というよりも、「断熱」というコンセプトで、ボックスをご提案させていただきます。

「冷たいものが温かくなる」というより、冷たいものが「熱を奪う」という考え方。

輸送物は、周囲の熱を奪い温度変化を起こしてしまいます。

目標管理温度をいかに持続していくか、是非とも、お気軽にご相談ください。

 

 

 

株式会社キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社営業部 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

 

国際物流総合展2020への出展決定!

2019年11月14日 木曜日

■キラックスは今回も物流展へ出展します!!

来年2月、「国際物流総合展2020」が開催されますが、今回もキラックスは出展致します。

コンセプトは、【時代の変化に合わせたソリューション提案】。

食品食材の止め置き配送、常温トラックでの配送、長時間配送、ドライバーの負担軽減、コスト節減、等々・・・

物流の最前線にある温度管理の課題解決を、キラックスがお手伝い致します。

会期:2020年2月19日(水)~21日(金) 10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール

キラックス小間位置:1Q-23

招待券をご希望の方は、下記までご連絡ください。

必要枚数、ご準備させていただきます。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

 

・キラックス本社:052-6944-0241 (担当:下村)

・キラックス東京営業所:03-5439-6334 (担当:合原)

 

 

アイス配送用のボックス、好評です!!

2019年9月3日 火曜日

■配送中にアイスが溶けてしまっていませんか??

気がつけば、もう9月ですが、まだまだ暑さを感じます。残暑は、もうしばらく続くでしょう。

弊社のお客様からは、今年もアイスの売上が好調だとお聞きします。

皆さん、アイスの配送には、保冷ボックスを使われているかと思いますが、

「配送中に溶けてしまった」「フタの開け閉めが面倒くさい」

「もっと容量の大きいボックスが欲しい」等々、ボックスの課題はございませんでしょうか。

何より、アイスは溶けてしまうと商品になりません。高性能な断熱ボックスで、マイナス温度をキープ!フタの開閉もかんたん!

そんな特注の保冷ボックスがあれば、もっと使い勝手良く運用いただけるはずです。

 

 

配送時間やアイスの量、ご予算・・・

ユーザー様のご要望に沿って、特注対応、承っております。

是非とも、お気軽にお問合せください。