コロナ禍で「忘年会スルー」加速、若手社員には好都合?

コラム
2020.10.30

好きなお酒と好きなおつまみで、
自分好みのリモート忘年会なら、何度でも・・・・!?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国各地で発生したクラスターは、
今月26日までに計1761か所に上ることが、厚生労働省のまとめでわかっている。
また、厚生労働省の集計によると、クラスターの場所別で最も多かったのは「飲食店」の441か所で、
次いで、「企業や官公庁などの事業所」が379か所と発表された。
「飲み会」そのものが開催しづらい風潮にあるなか、今年の年末は、忘年会の開催が危ぶまれる。
大人数での宴会を控え、少人数で開催するか、もしくは今年に限っては、忘年会の中止を検討する企業も多いことだろう。
一年の労をねぎらい、2軒目、3軒目と、はしご酒しながら、
年の瀬を感じることを楽しみにされているサラリーマン戦士が数多いるなか、今年の風潮に、喜びを隠せないのが若手社員。
余興を企画し、お酌をし、二次会でカラオケを歌い、終電を気にしながら気の進まないをお酒を飲むことを厭う若手社員は多い。
今年に限っては、こういった若手社員からしてみると好都合で、仮に少人数制の忘年会に声がかかったとしても、例年よりも「忘年会スルー」しやすい環境になった。職場仲間や上司とのお酒の席に、できるだけお金も時間も気も使いたくないという
調査結果が出ている昨今、
奇しくも、今年は新型コロナウイルスが、若手社員の本音に加勢したカタチとなりそうだ。

  

同僚、友人とのオンライン忘年会では、各自が自宅でお酒やソフトドリンク、おつまみを用意することが可能で、お酌の必要もなければ、二次会に無理やり連れて行かれることもないので安心。
遠方の友人・知人とゆっくりお酒を飲みながら忘年会できるリモート飲み会は、コロナを抜きにして、
これから継続化した「新しい生活様式」になっていくだろう。


  

  

ピザ、寿司、中華、ハンバーガー、弁当、酒ドリンク・・・
宅配&デリバリー向けのバックパック、特注オーダー受付中です。
ご希望のサイズと仕様で、オリジナルのリュックをお作り致します。
お問合せは、下記まで。
是非とも、お気軽にご連絡ください。

(株)キラックス/ロジスティックスサポート事業部
本社TEL:052-381-0241
東京TEL:03-5439-6334