保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

∥お役立ち情報

保冷・保温物流百科事典
保冷・保温物流用語集

保冷・保温物流用語集

あ行 アイドリングタイム アイドリングタイムとは、実際に作業員が業務を行なっていない時間のこと。
アウトソーシング アウトソーシングとは、請負会社に業務の一部分を委託することを指す、「外部資源の活用」のこと。
アセット型 アセット(アセットベース型)とは「資産」という意味があり、情報、倉庫、システムや業者自身が輸送手段などの資産を保有して物流サービスを提供するサードパーティロジスティクス事業者のこと。
安全在庫 安全在庫とは、需要の不確実性に対応するために、、欠品や品切れやを防ぎ、サービスの安定した水準を維持するために必要となる在庫のこと。
アソーティング アソーティングとは、単位毎に商品を要求される仕分をすること。
移載装置 移載装置とは、搬送する荷物を他の位置や搬送設備間へ受け渡すための装置のこと。
移動ラック 移動ラックとは、床面のレール上を棚が移動できるもので、保管時はラック間を密着させ、また入出庫作業時は通路の必要スペースを確保する等、倉庫やビル内などの設備面積を有効的に活用することができる。
一括物流 一括物流とは、複数の店舗を展開している小売店が商品を仕入を行う際,物流センターで複数メーカーの商品をとりまとめて、各店舗に一括配送する仕組みやシステムのこと。
一類倉庫 一類倉庫とは、普通貨物(雑貨など)を対象に保管する営業倉庫のこと。
一般貨物 一般貨物とは、特別な扱い積付けを必要としない貨物のこと。
一般貨物コンテナ 一般貨物コンテナとは、最も普及しているコンテナの一種で、一般貨物用のコンテナ。
一般貨物自動車運送業 一般貨物自動車運送業とは、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く)により、貨物の運送を扱う業態の名称。
一般貨物自動車運送事業 一般貨物自動車運送事業とは、トラックを使用して、不特定多数の荷主の需要に応じる形で、貨物の運送を行う事業のこと。
インフラ インフラとは、インフラストラクチャーの略。社会的生産基盤、経済活動の基盤を形成する基礎的な施設のこと。
インボイス インボイスとは請求書のこと。約定品の出荷案内書、価格計算書、代金請求書、物品明細書などを兼ねた商用書類で、主に輸出入を行うときに使用し、売主が買主宛に作成する。
イントランドデポ イントランドデポとは、内陸地に設けられた内陸通関拠点のこと。
ウイング車 一体的にバン型車輌の側面から天井部分までの荷物室を跳ね上げて、積み下ろしを側面から行うことを容易にする方式のトラック。
ウェアハウジング ウェアハウジングとは、物流センターの意味でも使われることがありますが、倉庫、貯蔵庫の意味します。
運行管理者 運行管理者とは、貨物自動車運送事業法により選任することで、「事業用自動車運行の安全を確保する」ために義務付けられています。
運行三費 運行三費とは、運行コスト管理を行う際に特に重要になる変動費で、運行に必要なランニングコストのうち、燃料油脂費、タイヤ・バッテリー費、修理費のこと。
運送 運送とは、荷主からの請負により物(商材、人)を輸送すること。
運送取次事業 運送取次事業とは、荷主の依頼により、運送事業者の行う貨物の運送の受取り、または取り次ぎを行う事業のこと。
営業トラック 営業トラックとは、有償で受託により他人の荷物をトラック輸送することを目的とした企業、または、その企業が保有となるトラックのこと。
エコ マーク エコマークとは、1989年2月から環境庁指導において、財団法人日本環境協会が認定を始めたエコロジーマークの通称。
乙仲 乙仲とは、一般港湾運送事業者のこと。
オペレーション コスト オペレーション コストとは、物流センターの稼動のために必要となる運用費用のこと。
オリコン オリコンとは、主要部分を簡単に折り畳むことができる小型のコンテナで、折り畳みコンテナの略称。
か行 カートスタッキング カートスタッキングとは、出荷する際、台車・カートに商品を積み付けた状態で出荷すること。
カートピッキング カートピッキングとは、台車・カートを使用して商品を集めること。
カウンターフォーク フォークリフトの中でも、車体後方に重りをつけ、車体のバランスを取り、後輪で操舵し前輪で駆動するタイプのもの。カウンターバランス型フォークリフト。
格納ロケーション 格納ロケーションとは、物流センター内でどの場所に商品が保管されているかをあらわす「住所」のこと。
かご車 かご車とは、トラックへの積込場や仕分場の一時保管までの搬送のためにに用いられる運搬台車の一種。
危険物 危険物とは、法令により取扱い、保管、貯蔵、輸送などが規制されており、一般的には毒物および劇薬、発火性、または引火性物品、爆発性のある火薬、放射性物質、高圧ガスなどを危険物として指定している。
協業輸送 協業輸送とは、物流において2~3社程度で共同できる部分を調整し共同配送の輸送を行うもの。
共同配送 共同配送とは、配送コスト削減を図る配送方法のことで、複数の企業がそれまで個別に行ってきた配送を共同化し、荷物を積合わせをすること。
共同保管 共同保管とは、同じ倉庫に共同して複数の荷主が商品を保管すること。
均一運賃 均一運賃とは、区間を通じ全ての輸送に対して均一運賃を、輸送距離とは関係なく採用すること。
クール便 クール便とは、保冷対応できる設備、車両によって、保冷が必要な荷物を届けるサービスのこと。
クロスドッキング クロスドッキングとは、商品が入荷してきた際、在庫することなく仕分し出荷する形式のこと。
ケースラック ケースラックとは、商品をケース単位で保管する場合に使用する棚のこと。
結束 結束とは、ワイヤ、テープ、ヒモ、バンド等で、複数の物品をまとめて縛ること。
コールドチェーン コールドチェーンとは、食品を、鮮度を保ったまま提供できるようにするために、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで利用されている流通手法。冷蔵したまま産地から小売業者まで流通させる方法のこと。
コストテーブル コトストテーブルとは、原価要素、すなわち製品の原価を構成する要素の項目を一覧表にしたもの。
固定ラック 固定ラックとは、床に固定される棚の総称。保管物の寸法や重量、品種数、ピッキングの有無、保管量、入出庫頻度などの利用状況にあわせて、多様な種類がある。
混載便 混載便とは、多数の荷主からの数多くの商品を、貨物としてひとつの輸送機関に積み合わせ輸送する方式のこと。
コンテナ コンテナとは、ユニットロードで標準化された形態で輸送を行う容器の総称。材質は鉄製、FRP(繊維強化プラスチック)製、アルミ製、鉄枠合板製等がある。
コンベア コンベアとは、袋物、パレタイズ品、粉粒体などのばら撒物、コンテナ、段ボール箱などの個数貨物など貨物を連続運搬する機械の総称。
さ行 在庫管理 在庫管理とは、欠品の防止や納期遅延による顧客への注文から納入までのサービス向上とともに、それに伴う在庫費用、輸送費用、製造費用等のコスト削減を目的として行う。
先入れ先出し 先入れ先出しとは、その物品を取り出す場合、保管経過時間の長いものから順に行うこと。保管物品の品質が長期滞留によって劣化することを防止するために行う。
サードパーティ・ロジスティクス サードパーティ・ロジスティクスとは、企業の流通機能全般を一括して請負うアウトソーシングサービス。荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託するサービスのこと。
サプライヤー サプライヤーとは、材料や部品を提供する業者のこと。主に部品製造業などをさすことが多い。
シールピッキング シールピッキングとは、シールにピッキング数量のラベルをロケーション順に印字、シールを剥離してピッキング商品に貼付するピッキング方法。
時間指定便 時間指定便とは、荷物を届ける際、届け先へ指定された時刻にシステムのこと。
実運送 実運送とは、貨物の運送を自ら輸送手段を保有して行うこと。
実車率 実車率とは、実車距離(自動車が貨物または旅客を乗せ走行した距離)が全走行距離のうちで占める割合のこと。自動車の利用効率を示す指標の一つ。
実働率 実働率とは、自動車の利用効率を示す数値のこと。
社内物流費 社内物流費とは、自社内で発生する物流コストの総称。自家物流費とも言う。社内物流費とは支払物流費に対する用語。
従価料金方式契約 従価料金方式契約とは、物流業務一括受託における契約方式のこと。
出荷 出荷した時点で自社倉庫から荷物が引き落とされることになる。出荷とは、荷物を搬出すること。
シュリンク包装 シュリンク包装とは、荷物を強く固定保持するために、専用のビニールフィルムで荷物を覆い、加熱収縮させて包装方法。
静脈物流 消費のためのものの供給を物流の世界では動脈物流と呼び、供給に対する回収を静脈物流とよぶことがある。回収物流の別のよび方。
ストレッチ包装 ストレッチ包装とは、ビニール素材のフィルムで、1個または複数個の商材をまとめて梱包する方法。
積載効率 積載効率とは、実際に積載する貨物が許容積載量に占める割合のこと。重量、内容積、面積がその基準となる。
総量ピッキング 総量ピッキングとは、伝票単位ではなく商品単位の合計数でピッキングする方法のこと。
た行 縦持ち 縦持ちとは、ビルやマンションなどで、上の階から下の階へ、地上から上の階へと荷物を運ぶ作業のこと。
タリフ タリフとは、運賃を算出する上で必要な運賃表データのこと。
調達物流 調達物流とは、生産に必要な原材料や部品を協力会社や問屋から運び込むための物流活動のこと。生産現場(工場)を中心とした見方をする際の見方をさす。
チルド食品 チルド食品とは、主に、生麺、水産練製品、総菜類などの、5℃~-5℃のチルド温度帯で低温管理することが要求される食品のこと。品質保持上では0℃に近い状態が望まれる。
定温倉庫 定温倉庫とは、湿度・温度を10~20℃の一定範囲に保つ機能をもった倉庫のこと。
低温輸送 低温輸送とは、温度の上昇で品質が劣化する商品(冷凍食品、医薬品、生鮮食品など)に対してとられる輸送方法。
温度帯別に、クーリング(5℃以下)、チルド(5℃~-5℃)、フローズン(-18℃以下)などに分けられる。
定温輸送 定温輸送とは、積荷である商品の品質維持のために適当な温度を維持したままで輸送ができるように装備された輸送機関によって行われる輸送のこと。
定期発注方式 定期発注方式とは定期不定量発注方式ともいい、一定の期間ごとに発注する方式のこと。
定量発注方式 定量発注方式とは、一定量を在庫量がある量まで減少したら発注することで適正在庫を保つ方式のこと。「発注点方式」とも呼ばれる。
鉄道貨物運送事業 鉄道貨物運送事業とは鉄道により貨物運送を行う事業のこと。
デポ デポとは、小型の配送拠点、商品の一時保管所、規模が小さい倉庫のようなニュアンスで使用される。
デリバリー デリバリーとは、移動距離が短く移動ロットが少ない消費者に近い輸送のこと。
テールゲートリフター テールゲートリフターとは、自動車の後部に設備されている省力化リフトのこと。
トータル物流費 トータル物流費とは、他の費目に混入してしまって物流費として把握されないことが多い社内物流費を足した本当の意味での物流費のこと。通常、社内物流費は、実際に払われる支払物流費と会計上では物流費に計上されないくなってしまっていることが多い。
ドア・ツー・ドア輸送 ドア・ツー・ドア輸送とは、運送者の責任の下で、物を荷主の戸口(ドア)から戸口(ドア)まで一貫して輸送されること。
トップ便 トップ便とは、指定された届け先に対して主に早朝の指定時刻までに荷物を届けるサービスのこと。
ドライカーゴ ドライカーゴとは、液体貨物などの非乾貨物以外の通常貨物のこと。
トラック ターミナル トラックターミナルとは、集荷と配送を行う地域に設置する輸送拠点のことで、特別積合せ業者が方面別仕分けを行うために設置する。
ドレージ ドレージとは、デバンニングせずに直接目的地まで、海外等からコンテナで輸送されてきた荷物を陸送する方法のこと。
な行 荷主 荷主とは、業務を委託した事業者または荷物の所有者、のこと。
納品代行 納品代行とは、納品を指定された運輸業者が一括代行するサービスのこと。主に百貨店や大規模小売店において行われる。
は行 パーセル パーセルとは、小包、小荷物のこと。一般的には包装した小荷物のこと。
バーター取引 バーター取引とは、商品やサービスの取引を、現金を使うことなく行うことです。
パッキング パッキングとは、梱包のことです。
バラピッキング ピッキングとは、注文や要求に対応した品物を在庫から運び出すこと。単品ごと摘み取るようにピッキングすることをバラピッキングと呼びます。
パレチゼーション パレチゼーションとは、貨物をパレットに積付けしそのままの荷姿で輸送機関に積込み、輸送、及び荷降ろしを行う方法のこと。
パレット パレットとは、物品を荷役・輸送・保管するために単位数量にまとめて載せる面とフォークなどの差込口を有する荷役台のこと。
パレットID パレットIDとは、特定できるようなコードNoをパレットに与え、商品のコードと結びつけたもの。
ハンディーターミナル ハンディーターミナルとは、チェーンストアでの発注端末をはじめとして、棚卸、車載端末機などにも用いられる、携帯情報端末のこと。
ハンド パレット トラック ハンドパレットトラックとは、テコと油圧を利用してパレットを人力で搬送する機器のこと。
バンニング・デバンニング コンテナから荷物を取り出す作業をデバンニングといい、コンテナに荷物を詰め込む作業をバンニングという。
ピッキング ピッキングとは、注文や要求(出荷指示)に対して、その品物を在庫から選び出すこと。
フィーダー輸送 フィーダー輸送とは、鉄道駅から自宅までといった端末的な輸送手段のこと。
フォークリフト フォークリフトとは、荷物をパレットに載せてそのまま積重ね保管させたり、移動させたりするために用いられる荷役機械のこと。
フォワーダー フォワーダーとは、荷主と輸送会社を結び付けて関連する書類を作成、ドアツードア輸送を行なう代理業者のこと。
ベンダー ベンダーとは、販売元、製造供給元、納入業者のこと。
ボックス パレット ボックスパレットとは、構造的には取外し式、折畳み式、固定式がある、3面ないしは4面の側板が取り付けられたパレットのこと。
ま行 マテハン マテハンとは、マテリアル ハンドリングの略称で機械による作業のこと。物流業務を効率化するために用いられる作業機械を称して「マテハン機器」と呼んでおり、フォークリフト、パレット、コンベヤなどがある。
メザニン メザニンとは、倉庫内部を効率化と有効化を目的とした中2階式の仮設の棚のこと。
や行 傭車 傭車とは、 車両が不足した際、他の運送業者からトラック、ドライバーを一時的に借り受けて、配送してもらうこと。繁忙期などによく用いられる。
ら行 ラック ラックとは、産業用物品の保管棚の総称。
ルート配送 ルート配送とは、商品を運ぶ道順を事前にルートとして決めておき、そのルートに従って配車し、納品を行う配送方式のこと。
ロジスティクス ロジスティクスとは、市場の動きに合わせて生産や仕入活動を行うマネジメントのこと。
ロット ロットとは、輸送および荷役、保管を行う際の貨物の処理単位のこと。

ロジスティックスサポート物流機器カタログ
お問合せはこちら

【本社】
〒455-8577
名古屋市港区土古町4-1
TEL〈052〉381-0241
FAX〈052〉381-0253

【東京営業所】
〒108-0023
東京都港区芝浦3-20-6 4F
TEL〈03〉5439-6334
FAX〈03〉3457-6334

【大阪営業所】
〒569-0077
大阪府高槻市野見町4-8 丹羽ビル4F
TEL〈072〉672-3010
FAX〈072〉672-3012

  • 保冷・保温ボックス探しをトータルサポート!保冷・保温ボックスナビ
  • 株式会社 キラックス