デリバリーという生活スタイルの維持

コラム
2020.06.03

「コロナ第二波」防止策を考慮した生活スタイル
=宅配・デリバリーの利用機会増

緊急事態宣言解除後も、ウイルスの脅威はおさまっておらず、
当分はテイクアウトやデリバリー、移動販売などを利用する機会は
増えることが予想されています。
諸外国に比べ、日本は比較的感染
を抑えられたという見解も一部で報道されていましたが、
過去の
パンデミックを鑑みても、高い確率での「第二波」や「第三波」が
予想されます。
ゆえに、「コロナ第二波」防止策を十分に考慮した
生活スタイルの継続が必要と言えます。

  

デリバリーや移動販売を始める中小飲食業者に向けて、
東京都では、助成金給付の応援策も講じられています。
保冷/保温の資材購入も初期経費として助成金の対象になるようです。
(※詳しくは東京都HPをご確認ください)
キラックスでは、いま、デリバリー/持ち帰り/移動販売といった
サービスを提供するユーザー様から、
多くのご相談をいただいております。
個人ユーザー様から外食チェーン様への納入事例をもとに、
都度、ご相談
させていただけますので、是非とも、お気軽にお問合せください。

   

株式会社キラックス / ロジスティックスサポート事業部
名古屋本社 TEL:052-381-0241
東京営業所 TEL:03-5439-6334