パレット輸送に対応した大型の保冷カバーが活躍しています

保冷・保温ボックス
2021.06.22

パレット輸送の温度管理に保冷カバーが採用されています。

従来は荷物の上から被せる底の無い保冷カバーを採用される事が多かった工業界・化学化成品業界で温度管理の徹底が求められ、冷気が漏れないよう底の付いた保冷カバーを開発しました。
最近では、パレットを多用する食品業界、飲料業界でも需要が高まっています。
また、全体を覆っている為、保冷効果だけでなく保温効果も期待できます。

 


 

 

パレットに荷物を載せたまま覆う事ができる、フォークの抜き差しも可能に

これまで、大型の保冷カバーを使用する場合は複数名の作業になっていましたが、こちらの保冷カバーは自立する構造となっている為、1人でも保冷カバーをセットする事が可能となりました。
また、正面下を一部開閉する事で保冷カバーをセットしたまま冷気を逃がさずフォークの抜き差しが出来る構造となっています。
従来、パレットに装着する保冷カバーは、リフトで持ち上げて荷物の下を潜り装着していましたが、弊社の保冷カバーは持ち上げる事ができ、作業者の安全に配慮した設計となっています。

 

コンパクトな折り畳みで未使用時の省スペース化を実現

未使用時にはコンパクトになる為、パレットと同じくらいの厚みになり、かさ張らないので作業現場の保管スペースの問題を解消し、回収効率に優れています。
これら保冷カバーの特性は顧客要望に応え現場に向き合った仕様です。