保冷・保温の安心と信頼をお約束する定温輸送事例集 キラの巻プレゼント

ネオシールド

【保冷バッグ】新型コロナウイルスワクチン+2~+8℃維持/キラックス製「冷蔵移送用保冷バッグ」発売へ

2021年3月13日 土曜日

欧米に遅れ、日本でもようやくワクチン接種が始まりました。政府は、1億1000万人分のワクチンを準備する予定としていますが、3月上旬時点では、まだ41万人分しか国内に入って来ていません。厚生労働省のホームページでは、接種順位を次のように案内しています。(1)医療従事者等 (2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方) (3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方 (4)それ以外の方 まだ、ごく一部の限られた方しか接種できていない現況で分かる通り、本格的なワクチン接種はこれからスタートしていきます。市町村が管理する基本型接種施設、連携型接種施設及びサテライト型接種施設のほか、一部地域では巡回接種も予定されています。接種期間は来年2月末迄を予定されており、接種回数は2回。(※ファイザー社のワクチンの場合、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けるよう推奨) いつどこで自分がワクチン接種を受けられるのか、まだまだ不透明ですが、それら案内が市町村から届き、職場や学校でワクチン接種を受けたと同僚や友人と会話できる日は、そう遠くありません。

では、個別接種が始まるまでに、各自治体の新型コロナウイルスワクチン接種推進室は、どのような準備を進めているのでしょうか。接種順位に沿ったスケジュールの作成、接種会場の確保、責任医師の選定、ディープフリーザー(超低温槽)の設置、クーポン(接種券)の発行と発送手配等々・・、準備に大忙しであることは間違いありません。ただ、官民を挙げた取り組みが進むワクチン接種体制の構築で忘れてはいけないのが、ワクチンの品質管理です。接種を受ける側は、疑うこともなく、しっかり温度管理されたワクチンを接種してもらえるものと思い込んで、接種会場へやって来ます。これから気温が上がり、空調を使う機会も増えていくなか、広い接種会場は、果たしてどこまで室内の温度管理を徹底できるでしょうか。

先日、ワクチンの先行接種を実施していた医療機関では、ワクチン保管用のディープフリーザーが故障し、約1000回分が使用できなくなりました。厚労省は、その原因をフリーザー本体の故障ではなく、同じ電源コンセントに2つの機器を接続したことによる電力不足と発表しましたが、このことで分かるように、トラブルは決まって「想定の範囲外」で起きてしまうものです。短時間を想定していた移送のはずが、事故や車輌故障で、予定していた時刻に届かないことがあるかもしれません。凍結させたはずの保冷剤が冷凍庫の故障や温度設定の操作ミスで、凍結出来ていないことがあるかもしれません。はたまた、接種会場の空調機が突如利かなくなることだってあるかもしれないのです。セオリーとして、環境温度と管理温度が乖離すればするほど、管理時間が長くなればなるほど、温度管理は難しくなっていきます。厚生労働省健康局によって調達された「冷蔵移送用保冷バッグ」は、1施設にあたり4個の配布が予定されていますが、個別接種が順次始まっていくなか、配布される保冷バッグだけでは足りないと、キラックスにも全国自治体の接種推進室から相談が寄せられています。想定外のトラブル、突然のワクチン移送、夏場の温度上昇、そして接種人数(ワクチン数)を考慮して、前もって、保冷バッグを確保される自治体が増加傾向にあります。


キラックスは、オリジナルの「冷蔵移送用保冷バッグ」を開発しました。当該バッグは、気温+35℃の環境下で、14時間以上にわたり+2~+8℃を維持できるもので、各自治体のワクチン接種推進室が急ぎ体制構築を進めるなか、その一助になれると考えています。これまでの納入実績と高性能断熱ボックスの製造技術を活かし、環境温度の影響を受けにくい保冷バッグをどこよりも早く提供させていただきます。

■保冷バッグセット (50本用)

①保冷バッグ 本体・・・1ヶ (約10L程度/保冷剤ネット付き/透明カード差付き/ショルダーベルト付き)

②保冷剤・・・3ヶ (サイズ:185×233×30mm程度/+3℃グレード/1,000gタイプ/ブロー容器)

③バイアルホルダー・・・1ヶ (直径16mmバイアル瓶50本収納/ウレタン製/バッグの内底にセット)

※写真は参考イメージです。仕様につきましては一部変更とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

※納品先/ご検討数量と併せまして、下記までご連絡ください。営業担当より、すぐに詳細ご案内させていただきます。

株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

【本社】TEL:052-381-0241 / 【東京】TEL:03-5439-6334

→キラックスHP(ブログ)はこちらから

→製品カタログはこちらから

【保冷ボックス】医薬品(ワクチン)輸送/熱解析シミュレーションソフトの活用

2021年2月6日 土曜日

医薬品輸送には、厳格な温度管理が必須条件となります。ワクチン・検体などを輸送する際は2~8℃、血液(赤血球)の輸送は2~6℃の定温管理が基準となっていますが、外気温の変動に合わせて「保冷剤の投入重量」や「保冷ボックスの構成」を変えなければならず、メディカル分野における物流は一筋縄とは行きません。そのため、保冷ボックスにも工夫が求められてくるわけですが、外気温・管理温度・医薬品の重量(大きさ)・冷媒量・断熱材グレード・輸送時間等々、複数要件を考慮しなければならず、どのような保冷ボックスを採用すれば良いのか見当がつかないことも珍しくありません。

キラックスでは、これまでに医薬品輸送の保冷ボックスを多数納入してまいりました。真空断熱材の採用事例、長時間輸送、大型ボックスの製造等々、ユーザー様の求める運用に、弊社は保冷ボックスの開発で協力を続けています。従来は、試作品で実証実験を繰り返した後、本生産に臨んでいましたが、現在は、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、一度に複数パターンの保冷ボックスを設計し、温度シミュレーションすることで、あらかじめ保冷ボックスの設計を最適化しています。知見・経験則に熱解析ソフトを併せることで、開発のご依頼から納品までの時間短縮に成功しました。

キラックスでは、お問合せに対して、規格化された保冷ボックスと蓄冷剤を一律にご案内することはしておりません。すべてのユーザー様に対し、用途に適した「オリジナル設計の保冷ボックス」と「適温適量の蓄冷剤」をご案内させていただきます。長年にわたり培ったメーカー技術に、熱解析シミュレーションをプラスして、どこよりも早く、ご要望の保冷ボックスをお届けします。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【保冷ボックス】新型コロナウイルス/ワクチン接種に備えて

2021年2月3日 水曜日

ワクチンや医薬品の輸送には厳しい温度管理が求められますが、キラックスでは、これまでに血液輸送や検体輸送を含めたメディカル分野へ多くの保冷ボックスを納入してまいりました。医薬品向け保冷輸送容器事業へ異業種からの参入が相次ぐなか、製造元メーカーであるキラックスは、独自の技術で、多様な温度設定やサイズ設計に対応してまいります。管理温度を担保することが大前提となる新型コロナウィルスのワクチン輸送においても、独自に開発した「熱解析ソフト」を用いることで、事前に温度推移のシミュレーションを実施し、より実運用を想定した保冷ボックスづくりを進めてまいります。

コールドチェーン(低温輸送網)とは温度変化に敏感な製品を守るためのテクノロジーとプロセスを指しますが、従来より、コールドチェーンは医薬品・化学品・工業原料・食品・飲料品といった輸送シーンにおいて重要な役割を担っており、今回の新型コロナウイルスのワクチン輸送においても欠かすことは出来ません。より安全にワクチンを流通させるため、管理温度を保持することは当然に求められてまいりますが、キラックスでは、過度な仕様設計になっていない「ちょうど良い」保冷ボックスの設計を目指しております。真空断熱材等の部材を低コストで用いて、運用中の温度推移をシミュレーションして、必要冷媒量を計算して、「運び方」と併せて、保冷ボックスをご案内することが出来れば、コロナワクチン輸送の一助となり得るかもしれません。保冷ボックスの開発と製作を以て、ご協力することが、私たちメーカーとしての社会的責務だと感じています。

現在、新型コロナウイルスワクチンのコールドチェーン向けで、方々ユーザー様より、お引き合いやご相談をいただいておりますが、需要次第では更なる生産増強を実施してまいります。キラックスは、速やかな設計・開発と、迅速な納期対応で、ワクチン流通に協力させていただきます。


株式会社キラックス ロジスティックスサポート事業部

★製品カタログはこちらから★

本社営業部/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

【新型コロナ】忘年会シーズンに第3波襲来、再び時短要請へ

2020年12月2日 水曜日

■コロナ対策は都道府県の数だけ47通り、自分の居住する地域の決定に注視する

GoToトラベルキャンペーンで人の行き来が活発になり、

GoToイートキャンペーンで飲食店の客足も戻り始めていた矢先、

新型コロナウイルス第3波の襲来により、感染は急速に拡大した。

夕方のニュースでは、日々、当日の感染者数が速報として報じられるが、正直、春先ほどの緊張感はない。

感染対策の注意喚起は、あちこちで目にするし耳にするが、一時に比べ、行動範囲は制限されていないし、

「♯STAYHOME」のハッシュタグがついた有名人のインスタ投稿も、ずいぶんと減った印象だ。

言ってしまえば、コロナとの共存に慣れ始めているような気がしてならない。

感染対策やマスク生活に慣れることは良くても、例年のような大声で盛り上がる懇親会は回避すべきであって、

忘年会時期にあって3密になる行動は避けなければならない。

各人が感染拡大の意識を持ち行動することで、ワクチン配布までの期間を出来るだけ穏やかに過ごしたい。


テレビのニュースでは、自治体の首長が再び飲食店に営業時間短縮を要請する様を、ここ数日、頻繁に報じている。

そこで、新規感染者数の多い都道府県の動きを一部ご紹介。

≪北海道≫

すすきの地区の接待を伴う飲食店と酒類提供を行う飲食店に営業時間を午後10時までに短縮するよう要請。

居酒屋、ラーメン店、カラオケ店などには、酒類の提供を午後10時までとするよう要請。

要請に応じた事業者には、1事業者あたり20万円を支給した。(要請期間は11月7日~11月27日)

≪千葉県≫

県北西部の11市内の飲食店などを対象に、酒類提供は午後10時までと要請。

要請期間は12月2日~22日まで。県が酒類提供の制限を要請するのは6月以来。

営業時間の短縮は要請しないため、協力金は支給しない。

対象地域は、市川、浦安、習志野、八千代、鎌ケ谷、船橋、柏、野田、松戸、流山、我孫子の11市。

≪東京都≫

飲食店などに営業時間を午後10時までに短縮するよう要請。

期間は11月28日~12月18日まで。対象地域は23区と多摩地域。

要請に応じた事業者には協力金40万円を支給する方針。

≪大阪市≫

北区と中央区の接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店に営業時間を午後9時までに短縮するよう要請。

期間は11月27日~12月11日まで。要請に応じた場合は、1事業者あたり最大50万円の協力金を支給。

一方、ガイドラインを遵守していない店舗に対しては休業を要請する予定。

≪愛知県≫

県で独自に定めた警戒レベルを上から2番目の「厳重警戒」へ引き上げ。

この状況のまま感染者が増えていくようなら、飲食店などに営業時間の短縮を要請することも想定。


営業時間短縮で協力金を受給したところで、飲食店の懐事情は厳しいでしょうし、

師走の書き入れ時にあって、ここに来ての営業時間短縮は正直きついと思われます。

 

キラックスでは、デリバリー用リュックをバージョンアップさせ、

店頭販売用の断熱ボックスにひと工夫もふた工夫も加えて、全国へ納品しております。

店内飲食以外で、営業の方法を模索されている事業者の方いらっしゃいましたら、

是非とも、お気軽にご相談ください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業/TEL:052-381-0241

東京営業所/TEL:03-5439-6334

外食のデリバリー化は不可逆的。果たして利益は出せるのか?

2020年10月15日 木曜日

■思い切ったデリバリーの拡充と徹底したコスト節減で活路を生む

「吉野家」はデリバリー専門店舗を構え、

「デニーズ」は宅配と持ち帰りの小型店舗を都内にオープンさせた。

いずれも、一般的な店舗のように客が店内で食事をするシステムではない。

キッチンだけで客席を設けないデリバリー専門店は、客が来店することはないので、

交差点の角に立地する必要はなく、繁華街の通り沿いに店を構える必要もない。

持ち帰りのシステムを採用するのであれば、小型店舗であれ、

来店する客のためにも、分かりづらい奥まった場所に店を構えたくはない。

ただ、その場合でも、普通に飲食店を出店するよりも、初期投資は抑えられるだろう。

内装や什器設備は極力抑えたうえで、アイキャッチになる看板を掲げ、

メニューに見合った必要な分だけの厨房機器を揃えればいいのだ。

店内で客が飲食しないデリバリーや持ち帰りの専門店の場合、

場所の制約が緩和され、初期投資を抑えられるというメリットがある。

 

ただ、外食チェーンがこういった実験店舗を出しているのは、

デリバリーや持ち帰りといったビジネスの実現可能性を検証することが目的と推察される。

それが故、こういった特化型店舗が一気に急増することは考えにくい。

あくまで、実現可能性の検証が済んでからでないと、特化型店舗の拡大は進まないはずだ。

 

一転、個人事業主や小規模運営している飲食店にとってみれば、

実現可能性の検証など言ってられないのが現実で、時間的な余裕はなく、これ以上、体力も続かない。

来店客の落ち込みを回復させるべく、早々に、効果覿面の一手を打ちたいはずだろう。

 

IoTによるビジネス環境の変化に伴い成長を遂げたデリバリー事業は、一過性のものではない。

奇しくも、コロナ禍で、その成長スピードは増したが、これを「不可逆的な現象」と捉えるのであれば、

飲食店は、この先を見据え、デリバリーや持ち帰りに、もっと前のめりになってみてはどうだろうか。

ウーバーや出前館に手数料を支払うことなく、思い切ってデリバリーや持ち帰りを拡充して、

徹底的にコスト節減してみれば、店内の飲食を中心とせずとも、十分に利益を出せるはずだ。

  

Googleが提供する地図アプリ「Googleマップ」には、

「テイクアウト」「デリバリー」の2つのフィルターが追加され、

同様の仕組みは、ヤフーの地図アプリ「Yahoo!マップ」にも追加されている。

「Instagram」は、飲食店向けにデリバリー注文機能を無料提供しているし、

クチコミグルメサービスの「Retty」は、検索結果ページの飲食店情報に、

「テイクアウト可」「デリバリー可」のラベル表示を追加した。


 

  

  

テイクアウトとデリバリーに思い切って舵を切ろうと検討されている飲食店の皆さま、

資材のご相談に限らず、配送方法や保冷・保温のノウハウでお困りの際は、

是非とも、お気軽にキラックスまでご連絡ください。

シッパー、断熱ボックスを作るメーカーこその一助になればと思っています。

ご連絡・ご相談は、下記まで。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社(名古屋)/TEL:052-381-0241

東京営業/TEL:03-5439-6334

 

「新しい生活様式」とコロナ禍で増長された健康志向

2020年10月2日 金曜日

■自宅での食事で重要視されるのは「栄養バランス」が、断トツの1位!

新型コロナウィルスの感染拡大によって、政府は、これまでと異なる生活パターンを推奨しています。

そういったなか、外出や外食を控えていたことが一番の要因ではありますが、

計らずも、「フードデリバリー」「テイクアウト」「宅配サービス」といったサービスが流行し、

自宅で食事することが一気に増えました。これは、巣ごもり消費が生んだ顕著な結果と言えるでしょう。

飲食店の営業再開が進み、一時よりは外で食事する習慣が戻ってきましたが、

自粛中に料理頻度が増えた人や、デリバリーを活用した人の大半が、

今後もその生活スタイルを維持していくと考えられています。

 

一方で、「新しい生活様式」が謳われ、自宅での食事が増えることで、消費者はより利便性を求めます。

「美味しい食事を手軽に」「人気の料理をクーポン使って安く」・・・そう、考える人も少なくありません。

多数派こそが一般消費者の意見です。多数派に受けるサービス提供を思案し、

そのプラットフォームを作る企業は数多。多くの企業が凌ぎを削っていることは間違いありません。

ところが、とあるアンケート結果によれば、自宅での食事で最も重要視されるのは、

「栄養バランスの良さ」で、全体の52%という集計結果でした。

健康面を気にされている人が多いことが分かります。「見栄え」「味」よりも「健康」なのです。

 

食材や料理を適切な温度で運び、衛生面も担保できるのが、キラックスの輸送容器です。

・個人事業主の方向け、1ヶ~の特注対応承っております

・外食産業の企業様向け、デリバリー用のボックス、ご相談受け付けております

・スーパー様向け、宅配サービスのシッパーが好評をいただいております

  

是非とも、お気軽にご相談ください。

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

名古屋本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334

非接触宅配サービスがもたらすメリット

2020年9月1日 火曜日

■「不在時の利便性」だけじゃない「非接触の利便性」の側面からサービスも多様化

コロナウイルスの感染拡大を受けて宅配ボックスの需要が高まってきていますが、

実際に、宅配ボックスを製造するメーカーは、供給状況について、

『非対面による荷物の受け渡しを行うことができる製品の特性上、現在たいへん多くの問い合わせと注文』

を受けているとし、需要が増えていることを示しています。

キャッシュレス決済を利用すれば、出前などのデリバリー注文も宅配ボックスで受け取ることが出来ますし、

非接触配送で、コロナウィルスの感染防止対策にもなります。

これまで宅配ボックスは、主に『不在時の荷物の受け取りに便利である』とアナウンスされてきましたが、

誰がウイルスを持っていて、どこから感染するか分からない状況下では、

不特定多数の人との接触を防ぐためには、宅配ボックスは非常にに有効的であると言えるでしょう。

巣ごもり消費の追い風を受け、スーパー各社はインターネット利用客の囲い込みへ対応を強化しています。

ネットスーパーの拡大に比例するように、これから消費者向けのサービスも多様化していく一方と推察されます。

食材/食品の配送や、食事のデリバリーに、保冷対策/断熱対策をご検討のユーザー様は、

是非、お気軽にキラックスまでご相談ください。

   

  

 

(株)キラックス ロジスティックスサポート事業部

本社営業(名古屋) TEL:052-381-0241 / 東京営業 TEL:03-5439-6334

 

 

「テイクアウト」×「真夏」×「食中毒」

2020年8月11日 火曜日

■適正な温度でテイクアウトメニューを持ち帰る

昨今のコロナウィルスの影響で外食を控える人が増え、

代わりにテイクアウトの需要がこれまで以上に高まっています。

テイクアウト人気を加速させているのには、次のような要因が考えられます。

・飲食店の店内での食事を避けたい

・軽減税率の導入により、持ち帰りは消費税8%で購入できる

・テイクアウトサービス/メニューの拡大

・長蛇の列に並ぶ必要がない

・キャッシュレス対応で、スマート会計、etc・・・

座席数が少ない人気店でも、並ぶ必要はありませんし、

外食でしか口にできなかったお店の味を自宅へ持ち帰ることで、

家族全員で食事を楽しむことが出来るようになってきています。

また、小さな子供や、高齢者がいる家庭では、外出の必要がなくなり、喜ばれていることでしょう。

自家用車に1台、業務用の断熱ボックスを積んでいれば、

いつテイクアウトメニューを購入しても、安心して、自宅まで持ち帰ることが出来ます。

  

消費者向けに保冷資材の販売を検討されている会社様、

外食チェーン様、飲食店様、一般の消費者様、1ヶからでも特注品承ります。

お気軽にキラックスまでご相談ください。

 

株式会社キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社営業:052-381-0241

東京営業:03-5439-6334

食品配送の「感染リスク低減」を考える。

2020年7月29日 水曜日

■人が介在する食品の受け渡しに潜む「感染リスク」を資材の運用で回避する

外食チェーンをはじめとする飲食店、コンビニ、スーパーといった業界において、

配送効率や交通状況を考慮した深夜帯の食品配送は、いまや、当たり前の納品方法と化しています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今後は、より一層、

「無人店舗への配送」や「留め置き納品」が求められることになるでしょう。

これから過ごす「withコロナ時代」、ドライバーと受け入れ側の接触回避は、当然のように求められてきます。

ドライバーや店舗スタッフが、ウイルスに感染していないか、ウイルス抗体を持っているかで、

これからの安心・安全の基準は変わっていくことになり、そこにユーザーは価値を求めます。

ウイルスが増殖しにくい環境を期待することは、当然の成り行きと言えるでしょう。

 

 

無人店舗への配送、飲食店の留め置き納品、営業時間外の食品保管といった用途に合わせ、

弊社は、これまでに多くの断熱ボックスを納品してまいりました。

配送方法、納品形態に合わせた断熱ボックスは、製造元メーカーである弊社へ是非ご相談ください。

最小1ヶからでも、ご協力させていただきます。お気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス

ロジスティックスサポート事業部

本社:052-381-0241

東京営業所:03-5439-6334

 

「コロナとの共存」にみる食中毒リスク

2020年6月26日 金曜日

■「with コロナ」で迎える夏、宅配と持ち帰りに潜む食中毒の危険性

新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、飲食店における持ち帰り(テイクアウト)や、

宅配(デリバリー)による営業がますます増加傾向にあります。

しばらくは、コロナウイルスと共存しながらの生活が続くことになりますが、

これからの季節、気温の上昇や湿度の上昇により食中毒のリスクが高まるとして、

飲食店における一般衛星管理の徹底、消費者に対する注意喚起を厚生労働省は求めています。

  

  

キラックスは、製造元メーカーである強みを活かし、

ユーザー様の要望に製品設計でお応えしております。

プロが製造するプロの断熱ボックス、ご興味あるユーザー様は、

是非ともお気軽にお問合せください。

 

(株)キラックス/ロジスティックスサポート事業部-

本社 TEL:052-381-0241

東京営業所 TEL:03-5439-6334